2021/02/20(土)
いよいよ最終クールに突入!辻監督はブルペンで熱視線 2/19南郷キャンプ第5クール1日目
- メイン画像1
- メイン画像2

いよいよ2021春季キャンプも最終クールに突入。前クールとはうってかわって、風もなく穏やかな天候の中でのスタートとなりました。ラスト3日間、選手たちは最後の追い込みとなります。この日は紅白戦などの実戦形式の練習はなく、通常メニューとなりました。

ブルペンでは、辻監督が見守る中、投手陣がピッチングを行いました。
松本航投手は辻監督の目の前で、変化球を交えながらの投球。投球の合間には一つ一つの動作を確認する様子も見られました。
2年目の上間永遠投手は105球を投げ込み。自信の投球について「力強さが足りない」と分析しました。さらに力強い投球を目指し最後まで厳しい練習に励みます!

野手陣は午前中、グランドコンディションの影響で室内練習に。午後からはメイングラウンドで打廻りを行いました。

個別特打でロングティーを行った川野涼多選手。ポールに当てたら終了というルールの中、長時間バットを振り続けました。そして、ポールに当たった瞬間大きなガッツポーズ。最後まで見守っていたコーチ陣やスタッフからも大きな歓声が。笑顔でグラウンドを後にしました。

残り2日。実戦へ向けて精度を上げていく選手たちの姿をお見逃しなく!

>>A班春季キャンプ放映情報はこちら!

主な練習メニュー
8:50
早出練習開始

10:00
ウォーミングアップ、アジリティなど

10:50
キャッチボール&ペッパー

11:20
投内連係

12:50
打回り

14:30
個別強化(打撃、守備、ランニング、ウェイトトレーニングなど)

【投手】
キャッチボール、投内連携、サイドノック、ピッチング、遠投、サードスローイング、ランニング、補強・強化など

フォトギャラリー
- 画像1
- 画像2
- 画像3
- 画像4
- 画像5
- 画像6
- 画像7
- 画像8
- 画像9
- 画像10

>>2021春季キャンプ情報はこちら!




戻る

iconニューストップ
iconトップページ