2019/02/20(水)
2/20(水)交流試合 vs.台湾・統一ライオンズ 結果
- 先発した高橋光投手
- 伊藤投手は3イニングスを力投
- 本塁打を放った外崎選手
- 山野辺選手は逆転打を打ち笑顔を見せる

2019年2月20日(水) 統一ライオンズ戦 春野(13:00試合開始)
123 456 789
UL|010 100 100=3
L |000 011 30×=5

高知県・県営春野球場で台湾・統一ライオンズとの交流試合が開催されました。

先発はキャンプ中B班で調整を続けてきた高橋光投手。2回に先制点を奪われますが、コントロールの良い投球で3回を投げ、この1失点のみに抑えます。
4回からは伊藤投手がマウンドに上がります。登板直後に本塁打で1点を失うものの、徐々に調子を上げその後は無失点に抑えます。

一方打線は5回に呉選手の適時打で1点差に迫ると、続く6回に外崎選手が本塁打を放ち同点に追いつきます。

7回に再びリードを許しますが、その裏ルーキーの山野辺選手が2点適時打を放ち逆転に成功!その後は7回から続投となった十亀投手が8回を抑えると、9回は小川投手が三者凡退に抑え逆転勝利を収めました。

登板した4選手は一軍での活躍を期待されながら今回のキャンプではケガなどの影響でB班からのスタートとなりました。しかし、辻監督が試合後に「うまく調整できているように感じる」と話したように、先発した高橋光投手をはじめとして復調をアピール。オープン戦を前に頼もしい選手たちが帰ってきました!

明日も統一ライオンズとの交流試合が予定されています。新たな選手たちのアピールに期待がかかります!

辻監督コメント
「若い選手たちが中心ですから、選手たちがどういうアピールをするか、そういう意識の中でどういう力を出してくれるかというところを見ていました。
(高橋光について)一昨日の投球を見ても非常に良いなという感覚がありました。今日も非常に良かったです。コントロールが定まらない投手ですが、フォームも非常に良く安定してストレートをコントロールできていて本当に良かったと思います。故障明けなどで春野(B班)で調整していた選手たちがうまく調整できている感じがします。伊藤も今日結果を出さなきゃという気持ちだったと思いますが、十分アピールできたと思います。
(山野辺選手と佐藤選手について)ケガ無く宮崎のキャンプを終えられたことは身体が強いなと感じますし、これからアピールしていかなきゃいけない選手たちですが非常に元気もありますし、これから生きた球を打ちながら自信をつけてくれればいいかなと思います。
実戦に入ったばかりですが、まだまだポジションが決まっているわけではないので、選手同士で競い合ってチームが強くなればいいかなと思います。」

高橋光成投手コメント
「無失点で抑えたかったです。ボール自体は思ったところに投げれるようになっていて、球自体も走っていると思うのでこれを続けていきたいなと思っています。ストレートを中心にどんどん押していくという形をイメージしていましたが、相手も強く、その中でうまく変化球も投げながらというテーマでやっていました。
実戦に入っていく中で細かな配球などはキャッチャーと話し合ってやっていかなければいけないし、クイックなども試合に入るにつれてやらなければいけないと思います。
しっかり開幕ローテションに入れるようにそこを目指してやっていきたいです。力みすぎずアピールしたいと思います。自分のペースで自分らしくやっていきたいと思います。」

>>辻監督・選手名鑑
>>高橋光投手・選手名鑑
>>伊藤投手・選手名鑑
>>山野辺選手・選手名鑑
>>外崎選手・選手名鑑
>>明日も台湾統一ライオンズ交流試合「パーソル パ・リーグTV」でLIVE配信!
>>2019春季キャンプ コンテンツ配信情報はこちら

春季キャンプの情報は公式Twitterから!
[URL(PC・スマートフォン)]
https://twitter.com/lions_official





戻る

iconニューストップ
iconトップページ