2019/09/20(金)
2019シーズン観客動員数は1,821,519人!2005年以降、最多を更新!!
- イメージ(1)
- イメージ(2)
埼玉西武ライオンズは、本日9月20日(金)の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦を持ちまして、2019年レギュラーシーズンの当球団主催試合(72試合)がすべて終了しました。
本拠地最終戦には、27,982人の方々にご来場いただき、年間の観客動員数は1,821,519人(1試合平均25,299人)となり、プロ野球の観客動員数が実数発表となった2005年以降、最多を更新しました。

ご来場いただきました皆さまに心よりお礼申しあげます。

観客動員数最多を更新した主な要因
昨年、パ・リーグ優勝を果たしリーグ連覇の期待がかかる中、新キャプテンに秋山翔吾選手が就任しました。シーズン後半まで苦しい戦いが続く中、野手ではリーグ最多安打(175本)の秋山選手、リーグ最多打点(120点)をマークする中村剛也選手や、リーグ最多本塁打(42本)、打点も中村選手に続いて116点をマークする山川穂高選手などが活躍。また、投手では勝利数チームトップ(11勝)のザック・ニール投手をはじめ、今井達也投手、高橋光成投手、ルーキーの松本航投手など若手投手の活躍などがありました。 そして9月11日ついに首位に浮上、15日にはマジック9が点灯し、リーグ連覇がますます期待される状況にあります。

※各選手の記録は19日終了時点の数字となります。

チーム面
野手(打撃)
・新キャプテンに就任した秋山翔吾選手がリーグトップの175安打をマーク。
・昨シーズン、パ・リーグ最多本塁打者賞を受賞した山川穂高選手がシーズン序盤から本塁打を量産し、現在リーグトップの42本塁打。加えて中村剛也選手(29本)、外崎修汰選手(25本)、森友哉選手(22本)、秋山選手(20本)も20本塁打以上を放ち、パ・リーグでは史上7度目となる20本塁打5人を達成。日本人5人での達成はパ・リーグ初の快挙となります。
・打点では中村選手(120点)、山川選手(116打点)、森選手(102打点)がリーグ1、2、3位につけています。
・金子侑司選手が盗塁数リーグトップの40個を記録。

投手
・ザック・ニール投手がチームトップの11勝を挙げています。
・高橋光成投手(10勝)、今井達也投手(7勝)、松本航投手(7勝)、本田圭佑投手(6勝)など若手投手が躍動。
※各選手の記録は19日終了時点の数字となります。

営業面
L-FRIENDS
・昨年に続き、埼玉県内の小学生(今シーズンは1、2年生約11万人)に4月、ベースボールキャップを贈呈したことで、ライオンズファンの継続的な拡大につながりました。

イベント
・本拠地開幕3連戦(4月)では“チャンピオン開幕シリーズ”と称して開催。チャンピオンペナント、チャンピオンリング、チャンピオンマントなど、昨シーズンのリーグ優勝を記念したグッズを配布し、平日にも関わらず、3試合で7万人以上のお客さまに来場いただきました。
・球団創設70周年を記念してサードユニフォームを製作し、本日までに8試合で選手が着用するなど関連するイベントを実施。中でもご来場のお客さまにユニフォームを配布した2試合(4/14、6/30)はチケットが完売。
・ゴールデン・ウィークにはファミリー向けの施策を複数実施。6試合で18万人以上のお客さまを動員。こどもの日には、ご来場の小学生以下全員に山川選手のサインが入った「キッズヘルメット」を配布し注目を集めました。
・夏の大型イベント「ライオンズ フェスティバルズ 2019」では、イベント期間中24試合限定で「令王(レオ)ユニフォーム」を着用。期間中のイベントでは、選手登場曲を歌うアーティストによるスペシャルライブの実施や、選手たちと同じデザインの令王(レオ)ユニフォームに加え、令王法被やドーム風ハンド扇風機など、ファンのニーズに応えるユニークなグッズを配布したことが、同イベントを盛り上げ、多くの来場に寄与したと考えます。

ファンクラブ
・会員数は過去最速となる公式戦開幕前の3月1日に10万人を突破。
・最終の会員数は昨シーズンに比べ13%増の11万8004人となり過去最高を更新(昨シーズンの最終の会員数は約10万4000人)。

球場改修
・2017年12月から進めているメットライフドームエリアの改修工事の第一弾となる「ライオンズ トレーニングセンター」「若獅子寮」「ライオンズ チームストア フラッグス」「オフィス棟」が、2019年7月より稼働。
・7月15日にはチームグッズの大型旗艦店「ライオンズ チームストア フラッグス」がグランドオープン。
・2021年まで続くメットライフドームエリアの改修計画によるボールパーク化に対するファンの皆さまの期待や注目も、観客動員数増加の要因のひとつであると考えます。

辻発彦監督コメント
「あっという間にレギュラーシーズンの最終戦を迎えましたが、いつも選手に力強い声援を送っていただき本当にありがとうございます。シーズン終盤までなかなか首位に立つことができず、苦しい戦いではありましたが、どんなときでも大きな声援を送ってくださって、選手たちは本当に心強かったと思います。まだまだ戦いは続きます。クライマックスシリーズも、メットライフドームで熱い声援をお願いいたします。昨年成し遂げることができなかった「日本一」を共に掴み取りましょう。」




戻る

iconニューストップ
iconトップページ