2018/07/19(木)
あの懐かしの野球玩具が25年振りに復活!「プロ野球人形 イレコミ君」を9/17(月・祝)来場者全員に配布!“復刻版”の販売も決定!
- イレコミくん[ 1 | 2 | 3 ]
※画像はイメージです

9月17日(月・祝)対福岡ソフトバンクホークス戦にて、25年ぶりに復活となる「プロ野球人形 イレコミ君 埼玉西武ライオンズ 40周年Ver.(タカラトミー製・非売品)」の来場者全員への配布(※)が決定しました!

「プロ野球人形 イレコミ君」といえば、かつて放送していた朝の情報番組の野球コーナーでマスコット的役割を果たしていた、お父さん世代の方にとっては懐かしの野球玩具!ライオンズのみならず、当時自分が応援していた球団の「イレコミ君」を家に飾っていた野球ファンの方も多いのではないでしょうか?

今回来場者全員(※)に配布する「イレコミ君」は、現在ライオンズの選手たちが着用しているレジェンドブルーカラーのユニフォームをベースに、左袖と背中の旗に40周年ロゴを配した“西武ライオンズ40周年"ならではのデザインです!

さらに、「40周年Ver.」の来場者全員配布に先駆けて、9月7日(金)より西武ライオンズ黄金時代のホームユニフォームデザイン復刻版「プロ野球人形 イレコミ君 西武ライオンズ」の発売も決定!こちらは、かつて株式会社タカラトミー(当時:株式会社タカラ)より販売されていたデザインをベースに、腕や首回りのカラーリングを変更し、より当時のユニフォームのカラーリングに近づけたものになります。

今回、25年振りに復活する「イレコミ君」は、株式会社タカラトミーのご協力のもと、本企画のために金型を新造するなど一から設計しなおし、オリジナル版のシルエットや表情が自由自在に変わるギミックを再現しつつも、最新の技術によって細部がより精巧になったものになります。ぜひ、懐かしの「イレコミ君」の「40周年Ver.」と「復刻版」両方をゲットし、ご自宅や職場のデスクなどに飾ってお楽しみください!

「プロ野球人形 イレコミ君 埼玉西武ライオンズ 40周年Ver.(非売品)」配布概要
配布日程
9月17日(月・祝) 対福岡ソフトバンクホークス戦(13:00試合開始予定)

配布内容
プロ野球人形 イレコミ君 埼玉西武ライオンズ 40周年Ver.(タカラトミー製・非売品)

配布対象
当日の観戦チケットをお持ちで来場された方全員
※チケット1枚に、イレコミ君1つが付きます。
※“チケットをお持ちでない未就学児"は配布対象外となります。

配布時間
開場時間(11:00予定)〜試合終了まで

配布場所
メットライフドーム1・3塁入場ゲート
ボックスシート入場ゲート
※フラッグス側通用口は、再入場専用口となり、配布は行いません。

注意事項
※各ゲートで最初に入場される際(チケット半券を切り取る際)にお渡しいたします。
※最初の入場時にゲートでお受け取りにならない場合、ゲート(配布エリア)通過後や後日のお渡しは一切できませんので、必ずお受け取りください。
※当日の観戦チケットをお持ちいただかないとお渡しできません。
※お渡しはチケット1枚につき、1つとさせていただきます。
※当日の天候などにより配布場所・時間が変更になる場合があります。

※実施内容は予告なく変更または中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

復刻版「プロ野球人形 イレコミ君 西武ライオンズ」発売概要
商品名
プロ野球人形 イレコミ君 西武ライオンズ

価格
1,380円(税抜)

販売店舗
・ライオンズストア
・ライオンズストア オンライン
※販売店舗は後日オフィシャルホームページにて発表いたします

プロ野球人形 イレコミ君とは…
「プロ野球人形 イレコミ君」は、1988年〜1993年まで株式会社タカラトミー(当時:株式会社タカラ)が販売していた、表情を自由自在に変化させることができる人形です。1980年代〜1990年代に存在したプロ野球全12球団の「プロ野球人形 イレコミ君」が商品化されました。
朝の情報番組に、各球団の応援人形として登場し、前日の試合で勝利した時には「喜んだ表情」、負けた時は「泣いた表情」、引き分けの時は「きょとんとした表情」など、表情を見ただけで前日の試合結果が分かる演出が話題を呼び、野球ファンにとってマスコット的なキャラクターとして人気を博していました。

朝の情報番組の野球コーナーで、各球団の応援人形として、前日の試合で勝利した時には「喜んだ表情」、負けた時は「泣いた表情」、引き分けの時は「きょとんとした表情」で番組内に登場していました。表情を見ただけで前日の試合結果が分かるため話題を呼び、野球好きの親子にとってマスコット的なキャラクターとして人気を博していました。

かつて発売していたイレコミ君ラインナップ
西武ライオンズ、読売ジャイアンツ、ヤクルトスワローズ、横浜ベイスターズ(横浜大洋ホエールズ)、中日ドラゴンズ、阪神タイガース、広島東洋カープ、日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ(ロッテオリオンズ)、近鉄バファローズ、オリックス・ブルーウェーブ(オリックス・ブレーブス)、福岡ダイエーホークス(南海ホークス)(順不同)

当時のイレコミ君を知る辻監督コメント
「当時とても人気があったので、「イレコミ君」のことはよく覚えています。すごく懐かしいね。
25年ぶりの復活でライオンズの「イレコミ君」を作ってもらえるのはうれしいですね。
懐かしく思う方も、初めてという方も、ぜひ手に入れて、遊んだり飾ったりして楽しんでください。」

>>メットライフドームでのイベントはこちら!




戻る

iconニューストップ
iconトップページ